子どもを産んでもバリバリ働きたい!そう意気込んで育休から復帰したものの、なんだか以前のようにはいかない…そんな悩みを抱えるワーママは多いものです。私も同じように日々もんもんと悩んでいた時期がありました。わたしの場合は焦りすぎて良くない方向に進んでしまったので、今まさに悩んでいる女性は感情だけで決めず、わたしの経験を反面教師にして何を大事にしたいのかをじっくり考えてみてください。

育休からの復帰で感じるワーママのモヤモヤ

妊娠中は体のしんどさから「早く産休に入ってゆっくりしたい…もう、このまま仕事やめて子育てに専念してもいいかな…」とさえ思っていた私ですが、子どもが生まれて赤ちゃんと二人きりの生活が始まると、とにかく自分の自由な時間がなくて、今度は「早く仕事に復帰したい…」と思うようになっていました。子どもは可愛いのですが、やはりトイレの時間さえままならないのは、仕事とは別の辛さがあります。

 

そんなふうに職場復帰を待ち望んでいた私は、無事に子どもを預ける保育園も決まり、新人のときのようなソワソワとした気分で職場復帰をむかえたのですが、働きだしてみると出産前とはいろいろ勝手が違くてモヤモヤすることがたくさんありました

最初のころこそ

子どものことを気にせずランチができる!

などと浮かれていたのですが、肝心の仕事のほうは思っていたものと違うものでした。

  • 時短勤務だから以前のような量をこなせない
  • 子どもの熱で早退・欠勤が多くて誰かに仕事をお願いしなければいけない
  • 重要な仕事は任せてもらえない
  • サポート的な役割が増えた
  • 会社の飲み会・接待に参加できない
  • 同期がどんどん成果をあげていくのがうらやましい

などなど、子育て中というだけでこんなにも仕事の仕方が変わるのか…というくらい出産前とのギャップが大きくて戸惑いました。

 

「誰でもできる仕事」が続くと自信がなくなる

仕事をするうえで、やはり「やりがい」の重要性は大きくて、思ったように仕事ができないなら…と仕事を辞めていく女友達もたくさんいます。早退・欠勤が多く、時短勤務ともなると重要な役割というのはあまり任せてもらえない職場がいまだに多いですよね。

 

「誰でもできる仕事」なら他の誰かでもサポートできますが、全体を取りまとめる重要な役割だと代えが効かないので、ワーママへの抜擢は稀です。男社会の現場ならなおさらです。

 

この「誰でもできる仕事」というのが厄介で、休んでもそこまで周りに迷惑をかけないというメリットがある反面、働く女性としては「やりがい」が感じられなくて自分への自信がどんどん低下していきます。新人さんのほうがもっと大変な仕事を任されていたと知った時には、かなりへこみます。

 

仕事を辞める?転職する?それとも続ける?

そして、大きく変化したのは仕事の内容だけでなく職場の人間関係もです。

 

以前は、一緒にランチに行ったり、仕事のあとにご飯に行って仕事の話や今後のキャリアについて語り合ったり、休みの日にBBQをしたりしていたのですが、そういったことが全くなくなったのです。家庭があるから仕方のないことかもしれませんが、そういったお付き合いの重要性が身に染みて分かりました。

出産前は同志のような関係だった同僚も、復帰してからは職場で顔を合わせるだけの人に変わり、私とは違ってどんどん成果を上げていくその姿を、なんだか別の世界の人のように眺めていました。

 

嫌がらせがあったわけではありませんが、こういった変化というのは結構な悩みのタネです。人との関わりって大事ですよね。復帰してからの私は、ただただ簡単な仕事をこなすだけのマシーンになったかのような気分でした。

 

やりがいも感じられない、人間関係も希薄…

このまま仕事続ける意味って何なんだろう?

と働くことへの疑念が生まれてきます。もしかしたら、仕事辞めて育児に専念したほうがいい?それとも転職したほうがいい?と頭を悩ませる日々。

 

きっと職場を変えれば、やりがいのある仕事ができる!と感情に任せて考えた私は、復帰して1年が経った頃に転職をしました。でもそれが私の間違い。たしかに、転職先にはやりがいのある仕事が待っていましたし、ワーママで活躍している人が多くて、すごく良い会社でした。

私が求めていたものは確実にあったはずなのに、私は頑張りすぎてうつ病になってしまったのです

 

その理由は簡単。

やりがいのある仕事には責任プレッシャーが付いてくるんです。

子育てにも常に責任とプレッシャーが付きまといます。子どもの命が親の手にかかっていますからね。

 

この2つの重圧に耐えられないと私のように破綻してしまうということです。世の中にはバリバリ働くワーママさんもいますが、その人と自分は別の人間だということを忘れないようにしましょう。他の人ができるからといって、自分ができるとはかぎりません。

 

やりがいが感じられない…と不満タラタラだった『誰でもできる仕事』は、私を心の重圧から守ってくれていたんです

 

子どもが生まれる前、自分のパワーのうち80%を仕事に使っていたのなら、出産後はそのパワーの一部を子育てに使う必要があります。その比率は人の考え方によって違うので、半々でやる人もいれば、仕事の比重を高くする人もいるし、子育ての比重が高い人もいます。

 

育休から復帰して仕事に対してモヤモヤとしたもの感じているのであれば、まずは自分のなかで何が一番大事かを改めて考えてみてください。

 

出産前にプライベート20%、仕事80%だったのなら、出産後はどういう比率にしたいのか数値で考えてみるとすっきりします。数値で考えると、出産前と同じように仕事に80%を求めるのはかなり難易度の高いことだというのが分かるはず。

漠然と、仕事が大事か?子どもが大事か?を考え出すと答えがでないことが多いです。

 

0~3歳は大変だけど振り返ると宝物のような時期

よく、道端でおばあちゃんたちが「今が一番かわいい時期ね~」と声をかけてくれますよね。私、その言葉が嫌で嫌で仕方無かったんです。確かに可愛いけれど、ものすごく大変なことも多いし、自分のやりたいこともできないし…という不満がたまっていたからかもしれません。

 

でも、子どもが小学校入学を来年に控えている今、その言葉の意味がよく分かります。

  • 6歳児は親より友達と遊びたがります
  • 6歳児は口が達者で生意気です
  • 6歳児はもうあまり抱っこさせてくれません。なんなら手もつなぎません。

本当に最近寂しいです。子どもは4歳ごろから、どんどん親の手を離れ始めます。着替えができるようになり、自分で歯磨きができるようになり、ご飯も自分で食べ、一人遊びも上手になり、外出先でも付き添いなくトイレにいけるようになり…どんどん親が手をかけることが減るんです。

その分、勉強を見てあげたり、精神的な面での関わり方だったりという部分で親が悩むことも増えますが、親の体が自由になるという面では4歳以降はラクになると言えます。言葉で意思疎通もできますしね。

 

何が言いたいかというと、0~3歳の大変さには終わりがあるということです。そして、その終わりは子どもに付きっ切りという生活の終わりも意味します。どんなに親が子どもと一緒にいたい、抱っこしたいと思っても、できなくなる日は必ずやってくるので、子どもが必要としている時期は子ども優先だと割り切ってしまいましょう。

後々、その時期が宝物のような思いでになるし、思いっきり自分のことに打ち込む原動力になります。

 

急がず力をためる時期も大事だと考えよう

産休中・育休中は仕事から離れているため、子どもを預けて職場に行きさえすれば前と同じように仕事ができると錯覚しがちですが、人が持っている時間は24時間だし、使えるパワーも限られています。

だから、以前より仕事が充実していない…成果が上げられない…と悩んでいる人は、子育てにかけているパワーがどれくらいか考えてみてください。子どもが大きくなって手を離れれば、次第にその比率は変わっていきます。ゆくゆくはまた仕事に全力投球できる日もきます。

人は余裕をなくすと、判断力が鈍るものです。だから、子どもが小さいうちは少し余裕があるくらいの仕事のほうが、プライベートも仕事もうまくこなせると考えましょう。ずっと全力疾走していたら、どこかで息切れしてしまいます。今はゆっくり力をためる時期。助走をつけて、何年後かに高く飛ぶ準備をしましょう。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!