寒い日が続くと、なかなか眠りにつけない…という人も少なくないはず。私も以前は、ひんやりとしたお布団に入ってから温まるまで、子どもを抱きながら体を丸めてじっと待っていたものです。私はそこまで手足が冷えないのでいいですが、末端冷え性の人は本当につらいみたいですよね。

温かい湯船に入るなど、体の血行を良くすることも大事ですが、寝具を見直すことでも大分改善されますので、ぜひ参考にしてください。

寝具次第で寝心地は雲泥の差

暖まったのもつかの間、寝返りをうつとひんやり

我が家が以前使っていたのは、綿100%のシーツと掛け布団カバー。綿素材は一年中使えるので重宝しますが、冬は布団の中に入った瞬間、ひんやりとしてしまいます。時間が経てば、自分の体温で暖まるものの、寝ているうちに寝返りをうつと、またひんやり…

背中を丸めて眠ることが多くて、なんだか目覚めがすっきりしない…なんて経験ありませんか?

昔は電気毛布や、湯たんぽを使っていたのですが、寒さのあまり湯たんぽに足をつけすぎて、低温火傷をしてしまったため、そういった体の熱を使わないグッズは避けるようになりました。

となると、寒い冬でも温かくして寝るにはどうしたらいいのでしょう?

 

布団乾燥機を使う手もあるけど毎日は面倒

いろいろ悩んで調べた結果、布団乾燥機で温めてから寝るといいという情報が!早速、寝る前に布団乾燥機を使ってみると、暖かくて心地いい。でも、これって毎日やるのが結構面倒なんです。

しかし、共働きの場合は、帰ってからはただでさえバタバタするため、布団乾燥機をかけることを忘れてしまうことも…そうすると、大人よりも子どもが「冷たい!」なんて言い出して、なかなか寝付いてくれなくなります。

そこで去年出会ったのが、ベルメゾンのとろけるシリーズなんです。

 

おすすめはベルメゾンのとろけるシリーズ

シーツが毛布のようにフワフワであったか

一番の問題は寝具の「ひんやり」。ということで、暖かい素材のシーツや掛け布団カバーがないかと探しに探しました。夏の暑い時期は冷感寝具が人気ですよね?ならば、冬も暖かく過ごせる寝具があるはず。

そして見つけたのがベルメゾンの『とろけるシリーズ』です。名前のとおり、とろけるような肌触りで、フワフワ。

寒い時期に人気のマイクロファイバー素材なんですが、吸湿発熱糸も編み込んでいるということで、暖かさは抜群です。毛布のような肌触りなので、入った瞬間のひんやりもなく、すぐに暖かくなります。

ただ、普通のシーツに比べて素材が厚めなので、洗濯はちょっと大変ですが、、、それでも、この暖かさを知ったら手放せません。


とろけるようなボックスシーツ型敷きパッド(BELLE MAISON DAYS)

 

掛布団のカバーもとろけるシリーズでどこに行っても暖かさキープ

このとろけるシリーズのいいところは、シーツだけでなく、掛け布団カバーも同じ素材のものがあるということ。上も下も暖か素材なので、本当に心地いい。

弱点は、朝起きた時に布団の外の方が寒すぎてベッドからでられないこと。以前は寝る前に暖房を入れていましたが、布団の中があったかいおかげで、去年は寝室の暖房を使いませんでした。住んでいるのが東京のため、北海道や東北、北陸に比べたらそこまでの寒さではないのは悪しからず。


とろけるような掛け布団カバー(BELLE MAISON DAYS)

 

毛布を羽毛布団の上からかけてさらに暖気を逃さない

とろけるシリーズの掛け布団カバーを使うなら、毛布までとろけるシリーズにする必要はないですが、掛け布団カバーともなるとかなり嵩張ってしまいます。その点が気になる人は掛け布団カバーはこれまで通りにして、とろけるシリーズの毛布を掛け布団の下に敷くというのもおすすめ。

ただ、羽毛布団の場合は、軽いせいか寝返りをうつと、ずれやすい…その場合はやはり、掛け布団の上に毛布をかけるというスタイルが、布団がずれにくく、布団の中の暖気も逃げにくいと言われています。

幸い私は寝相が悪いほうではないので、掛け布団と体の間にとろける毛布を入れていても全然問題なしです。これは好みや寝相次第ですね。


とろけるような毛布(BELLE MAISON DAYS)

 

パジャマの着込みすぎ&布団の重ねすぎに要注意

暖かさを求めて、パジャマをたくさん着込んだり、何枚も布団や毛布を重ねたりしている人もいるのではないでしょうか?しかし、着込み過ぎや布団の重ねすぎは、体の動きを制限してしまい、寝返りが上手に打てなくなるため体の疲れがとれにくくなってしまいます

だからこそ、少ない枚数でも暖かく過ごせる寝具がおすすめ。そして、吸湿発熱効果があるものを選ぶとさらに快適です。

冬は日照時間が短いため、うつ病の症状が出やすい季節とも言われています。最近では「冬季うつ病」という言葉をよく聞きますよね。うつ病の症状には睡眠の質が大きく関係しているので、寒すぎて寝つきが悪い、寒くて夜中に起きてしまうということは避けたいものです。

みなさんも、暖かく眠るために寝具の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!