うつ病のお薬をやめたあとが心配…、薬を飲むほどではないけど寝つきが悪い時はどうしたらいいの?という人の場合、取り入れやすいのがサプリメント。今回はうつ病や睡眠障害に良いといわれるサプリメントをご紹介。ただし、お薬のように副作用が強いものもあるので、注意事項もしっかり確認して取り入れましょう。

うつ病にいいと言われるサプリメントの種類

脳内ホルモンを調整するレシチン

レシチンは細胞の核や細胞膜に存在する成分で、脳の活性化を促す効果が期待できます。それにより、神経細胞が活性化され、うつ病などの精神疾患にも効果があるといわれています。

その中でも、レシチンの低分子化により効果を増大させたK・リゾレシチンという成分がうつ病に効果があるという注目されています。このK・リゾレシチンがなぜ通常のレシチンより効果が増大しているかというと、”低分子化”がカギとなっています。”低分子化”することで、より吸収されやすくなっているというわけですね。

 

セロトニンの濃度を上昇させるセントジョーンズワート

うつ病に対して医薬品と同等の効果があるといわれているのがハーブの一種であるセントジョーンズワートです。効果が高いことで有名ですが、その一方で日光過敏などの副作用についてもよく知られています。特にSSRIなどの抗うつ薬と一緒に摂取することで、その傾向が出やすいため摂取する際には注意する必要があるサプリメントといえます

 

セロトニンの元となるアミノ酸、ビタミンB6系

うつ病の原因の一つにセロトニンの減少というものがあります。そのセロトニンを生成する元となるアミノ酸や、ビタミンB6系の成分を含んだサプリメントもうつ病への効果が期待できます。食品だけでは補いきれない栄養素をサプリメントで補うというのはうつ病に限らず有効な方法です。

 

脳の働きをよくする必須脂肪酸ARA・DHA・EPA

うつ病になる人が増えている一因に、ARAやDHA、EPAなどの必須脂肪酸の摂取量が時代とともに減ってきているためだという説があります。この脂肪酸はω-3脂肪酸といわれ、うつ病患者はこのω-3脂肪酸の蓄積量が健常者よりも少ない傾向があるという研究結果も出ています。そのため、これらの必須脂肪酸をサプリメントで補うことも効果的といえますね。

 

漢方

漢方にもうつ病の症状に対応するものがあります。不眠を改善するものや、イライラを改善するもの落ち込みやパニックを抑えるもの、それぞれの症状に応じた漢方が存在します。うつ病の投薬による治療で効果が得られないという人が漢方による治療に切り替えるという話もよく聞きますね。

 

どのような場合にサプリメントは有効か?

重度のうつ病では薬による治療を

重度のうつ症状の場合は、サプリメントではなく医療機関を受診し医師の指示に従うようにしましょう。今回、ご紹介するサプリメントは次のようなケースを想定してご紹介していますのでご注意ください。

 

うつ病にまで進行していないケース

うつ病ではないけれど、気分の落ち込みや倦怠感が続く場合、よく眠れないという一時的な症状を何とかしたいという場合にはサプリメントで対処するという選択肢があります。

 

抗うつ薬による効果が得られないケース

病院での抗うつ薬の治療の効果が得られない場合にセントジョーンズワートや漢方に切り替えて様子を見るというケースもあります。ただし、この場合は今飲んでいるお薬を断薬してからになるので、どのように進めるかはかかりつけの医師に相談して決めましょう。

 

うつ病が寛解し再発を防ぎたいケース

うつ病が寛解して医師から薬が不要といわれた場合でも、不調(倦怠感、不眠、不安等)に悩まされるケースは多いようです。そういった場合には、一時的にサプリメントなどで対応するのもいいですね。

 

うつ病向けサプリメントとその口コミを検証

アルファベスト

 

脳の活性化にいいというレシチンを低分子化したK・リゾレシチンのサプリメントです。K・リゾレシチンだけでなく、脳にいいPS(ホスファチジルセリン)核酸(DNA/RNA)、マルチビタミンなどが配合されています。即効性を期待するのであればカプセルタイプよりもジェリータイプのほうがいいというのがレビューからわかります。お値段的に、少し高めのため続けるのが難しいという意見もありますね。

とても良いのですが、他の方も書かれているように継続して購入している方には、もう少しお値段を下げていただくとありがたい。
継続する方にはアマゾンポイントをプレゼントするとかあれば大変助かります。

出典:Amazon

ゼリータイプ、グミタイプのほうが即効性があるようです。

PS(ホスファチジルセリン)+K.リゾレシチン+糖鎖の組み合わせが,脳の栄養補給にいいらしいです.ジェリータイプのものを買って食べて見ました.一口食べるとなんだか頭がすっきりしてくるような気がします.

出典:Amazon

 

 うつママ

アルファベストのK・リゾレシチンは効果があるという意見がある一方、あまりに高価すぎて続けられないというデメリットが。。。1ヶ月で8千円くらいするから、病院でお薬もらったほうがコストはかからなさそう。

 

DHC セントジョーンズワート

 

DHCのセントジョーンズワートはレビューでの評価も高い商品です。ヨーロッパでは“サンシャインハーブ”とも呼ばれる西洋オトギリソウと呼ばれるハーブの一種を使ったサプリメントです。その成分はメンタル面をサポートするヘピシン・ヘピルフォリン、フラボノイドが含まれます。SSRI系の薬やピルとの併用は危険なので、服用中の薬がある人は医師に相談するようにしましょう

就寝前の不安感や自殺願望がやんわりと軽減されました。
おかげで病院に行って診察を受けて薬をもらうことができました。
ずっと引きこもっていましたが、そこから脱出しました。
気のせいだとしても、ありがとうございます。

出典:Amazon

他の方のレビューを参考に1日3粒飲んでみて数日、目に見えて落ち込むことが減っています
今まで色んなサプリを試してきましたがこんなに分かりやすく効果が出たのは初めてです
人によって合う合わないはあると思いますが私の場合はプラシーボではないと思います
普段だったら嫌な気持ちになるような場面で全くダメージを受けなくなったので本当に助かってます!

出典:Amazon

 

 うつママ

副作用があるといわれているので、飲む場合は体調の変化に注意しましょう。

抗うつ薬を飲んでいる人は、このサプリは飲んじゃダメなので注意!セントジョーンズワートの成分が消化酵素を活性化させるので、抗うつ薬が効かなくなってしまいます。

 

リラクミンSe

リラクミンSeにはセロトニンを増やすための成分や、リラックス効果のある成分が含まれています。体の倦怠感や憂鬱な気分だけでなく、睡眠にもいいというレビューもあり、うつの症状全般に効果が期待できるサプリメントです。

ラフマ葉エキスがセロトニンに良いと聞き、色々な似たような商品と比べたらこちらの商品が一番価格が安かったし、成分もたくさん入ってたので購入しました。
睡眠にも良いし昼間のリラックスにも効果がありますので、当分続けていきたいです。

出典:Amazon

頑固な不眠症で困っていて、いろいろな睡眠サプリメントを試してみてはやめて・・
を繰り返してきました。この商品は、以前、2か月くらい飲んだことがありますが、
その時は効果がありませんでした。
でも、最近もう一度試していて、約5か月飲み続けたところ、不眠症が少しましに
なってきた感じがします。

出典:Amazon

 

ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA)

脳の働きをよくするために欠かせない必須アミノ酸をとるなら、価格が安く効果があるというレビューの多いコチラのサプリメントがおすすめです。

魚を食べることが少ないので、サプリでEPAとDHAを摂取しています。脳の働きをサポートしてくれるサプリです。疲れからくる頭痛がなくなった気がします。体調は良いです。マイナスポイントは粒が大きいこと。シルバーには飲むことが辛いかもしれません。

出典:Amazon

値段の割にはたくさん入っていて良いのですが、とにかく粒が大きいのでひとつマイナスです。ひとまわり小さいといいんですけどね。

出典:Amazon

 

 うつママ

コスパもよく評価は高いですが、粒が大きくて飲みにくいというコメントが多いです。DHA・EPAのサプリメントは種類も豊富なので、他のサプリメントも検討するといいかも。

 

 

オリヒロ エゾウコギ 粒100g

 

スタミナ源として各国のスポーツ選手などの間でも利用されているサプリメントです。スポーツ選手だけでなく、ストレスを感じやすい人にもおすすめのサプリメントで、実際にうつ病の人が服用して精神が安定したというレビューもあります。ただし、レビューにもあるとおり、飲むと躁状態になるという意見もあるので、双極性障害の疑いがある人は注意が必要です。

下手な抗うつ剤よりも良いのではないでしょうか。飲んだ一日目から精神安定しました。自律神経にもエンドルフィンが働きかけるので、ストレスに弱い人にもうってつけなのではないでしょうか。現代人にぴったりのサプリメントだと思います。
精神病患者にも良く、kyupin先生が勧めているだけあると思います。

出典:Amazon

なんとなく体力がついたような気がする。
それはいいとして、若干躁状態になるようだ。
寝る前に飲まない方がいいかも。
神経質からくるイライラカリカリには効く。

出典:Amazon

 

うつママ

うつ病への効果は微妙なところですが、体力が低下していて疲れやすい人、ストレスを感じやすい人によさそう。

 

桂枝加竜骨牡蛎湯

体力がなく、疲れやすい、興奮しやすいという症状のための漢方です。自律神経失調症やうつ病などの精神疾患にもいいとされています。残念ながら、レビューはありませんでした。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯

 

体力がなく、肩こりや疲れやすさを伴う精神障害に有効とされる漢方です。特に女性特有の症状(更年期障害、月
経困難、月経不順、冷え症)や不眠症に用いられます。こちらも残念ながらレビューがありませんでした。

 

女性にはホルモンバランスも考えた『シンデレラスリープ』

 

寝つきが悪くて、体の疲れが取れないという悩みを抱える女性には『シンデレラスリープ』がおすすめ。

他にも睡眠の質を上げるためのサプリはたくさんありますが、『シンデレラスリープ』は月経前後変わる、女性ならではのホルモンバランスにも着目して作られています。生理が終わって2週間頃の排卵時期に、眠りの質が低下する…日中に眠気を感じるという人はホルモンバランスの影響を受けている可能性が。

モンドセレクションで金賞を受賞したこともある『シンデレラスリープ』。試してみて、合わなければ180日以内は全額返金してくれるので安心です。

 

すっぽんサプリで疲れも美容もケア

まだ服薬中の私が飲んでいるのがすっぽんサプリ。うつ病の症状を改善するためではなく、疲れを次の日に残さないために飲んでいます。ついでに、お肌のハリもよくなるので一石二鳥。

うつ病の人が積極的に摂取したほうがいいという、ビタミンB6、B12や、不足しがちなミネラル、乳酸菌も入っているので食生活の栄養バランスが心配な人にもおすすめ。

 

 うつママ

特に効果がないかな?と飲むのをやめたこともあるのですが、疲れが残りやすくなってしまって、結局再開しました。

 

 

サプリメントではなくハーブティーもおすすめ

今回はうつ病の症状に有効といわれているサプリメントを紹介しましたが、重度のうつ症状の場合や、現在進行形で通院している人はサプリメントではなく、きちんと医師の指示に従うようにしましょう。また、効き目があるサプリメントは薬のように副作用がある場合もあるので注意が必要。

薬には頼りたくない人の場合、ちょっとした不調を改善するためにサプリメントや漢方が選択肢の一つになりますが、ハーブティーもおすすめです。

 うつママ

私も最近、自律神経を整える効果が期待できるハーブティーを飲み始めました。

私が飲んでいるMENTハーブティーは副作用がないもの、オーガニックなものにこだわって作られているので安心して飲めます。実際に飲んだ感想はこちら👇でレビューしてますので、気になる人はこちらもぜひ読んでみてください。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!