最近、自律神経を整えるのに塗り絵がいいという話を聞き、最近大人の塗り絵を始めました。これが噂通りかなり無心になれていい感じなので、その良さをご紹介したいと思います。

塗り絵がうつ病の暇つぶしに良い理由

フランスの女性はストレス発散や暇つぶしに塗り絵をするというニュースを見て、なんだか無性に塗り絵がしたくなってしまいました。フランスでの塗り絵は「コロリアージュ」といい、その流行が日本の女性の間でも広がっているのだとか。

本屋さんでも塗り絵の特設コーナーができているよね。

うつ病の人には、本は読めない、音楽も聴けない、テレビもあまり見たいと思わないという人は多いものですが、かといって何もせずに時間が過ぎるのをただ待つだけの生活はけっこう辛いですよね。

そんなうつ病でできることが少ないという人の暇つぶしに塗り絵がとてもぴったりなんです

塗り絵は自分ひとりでできる

人とのコミュニケーションが億劫に感じがちなうつ病の場合、外出して気晴らしをするというのは難しいことです。うつ病になる前はカラオケに行ったり、カフェ巡りをしたり、エステに行ったりしてストレスを発散していましたが、今ではそんなことしたら余計疲れる…という状態。

だからといって、うつ病になるとテレビの音がダメだったり、本を読むことが難しかったりするので、「何かしたい」という時にすることがなくて困ることがあります。

塗り絵なら一人でもできますし、塗り絵と色鉛筆さえあればすぐにできて手軽にできるのが魅力。

 

自律神経を整える効果

塗り絵が流行っている理由の一つに、心を整える効果があるというのがあります。

塗り絵をしているときには以下のような状態になるのだとか。

  • 頭の中がからっぽに(雑念が消える)
  • 呼吸が整う
  • 脳の活性化
  • 色によって癒される

うつ病に悩む人は色々な物事を深刻に考えすぎてしまう傾向にあります。人間の脳というのは次から次へと考えが浮かんでは消えるものですが、そういった雑念がない状態を作ることで心からリラックスできると言えるでしょう

リラックスすることで呼吸も落ち着く傾向にあります。深い呼吸というのは自律神経情緒の安定に良いとされているので、うつ病にはうってつけの暇つぶし。

他にも脳が活性化される、色によって癒されるという効果も期待できます。

 

電子機器から離れられる

塗り絵のいいところは、電子機器から離れられることです。テレビや音楽、読書がダメだという人も、実はネットだけは大丈夫という場合があります。時間があれば、ネットサーフィンをしたり、ダラダラとSNSをチェックしてしまったり…

気づくとかなり長時間スマホを眺めていたなんてこともあるのですが、電子機器の使い過ぎはうつ病にはあまりよくありません。電子機器が発するブルーライトの影響で、睡眠の質が低下するからですね。

うつ病の回復には睡眠を十分にとることが大事と言われているので、電子機器の使用はほどほどにしましょう。

でも、たまにはこのサイトにも遊びにきてね。

 

私が塗り絵を実際に取り入れてみた感想

かなり無心になれる

とにかく無心になれます。それまでウジウジと悩んでいた雑念が頭の中から消えてくれるのが嬉しいです。ただし、無心になりすぎて子どもに怒られてしまいました。話しかけたのに、返事をしなかったそうです。みなさんも塗り絵をする際にはご注意を。

 

好きな時に初めてやめられる

塗り絵と色鉛筆があれば手軽に始められるのもいいところです。また飽きたり、他に用事があるときにすぐ切り上げられるます。一枚の塗り絵を塗り切るまではかなりの時間と集中力を要するので、完璧を求めて「一度にすべて塗らなければ」という思いは捨てましょう。完成しなくても誰にも迷惑は掛からないのが良いところです。

 

ローコスト

とにかくローコストで始められます。大人の塗り絵は大体1000円~2000円が相場ですが最近では100均でも大人の塗り絵を置いているところが。色鉛筆も100均で売っているので、塗り絵も色鉛筆も100均でそろえれば、216円で始められますね。

 

達成感が味わえる

先ほども書きましたが、塗り切るまでにはかなりの時間と集中力が必要なので、完成したときは達成感を味わえます。真っ白だった状態から、自分好みの色合いになっていく過程も楽しみですよね。

 

簡単に自己表現ができる

うつ病になってからというもの、自分の気持ちに蓋をしてしまう心の癖があることに気づきました。塗り絵は自分の好きなように塗ることができ、自己表現ができるのでそういった押し込めているものを発散する効果があるようです。

絵を描くのが苦手な人も、塗り絵なら最初から枠が完成しているので、ある程度の完成度が担保されているのでおすすめ。

 

おすすめの大人の塗り絵

和柄が好きな人向け

和柄が好きな人におすすめなのがコチラの塗り絵です。それぞれの和柄にどのような伝統があるのか解説がついているので、日本の文化を学びながら塗り絵ができるというのも楽しいですね。

 

可愛いものが好きな人向け

女性の間で人気のシリーズです。おとぎ話の世界に入り込んだような可愛らしい柄がたくさんあります。

 

街並みが好きな人向け

フランスやドイツ、イタリア、東京、NYなど、世界の美しい街並みが塗り絵になっています。大判かつかなり細かいので塗りごたえ抜群です。

パズルが好きな人向け

普通の塗り絵とちょっと違うのは、塗る色が決められているという点です。パズルのように区分けされた場所に番号が振ってあるので、それに沿って塗り進めていくと美しい絵柄が浮き上がってきます。色を考えるのが苦手、色彩センスに自信がない人でも取り組みやすい塗り絵。

 

とりあえず自律神経を整えたい人向け

自律神経を整えるための塗り絵で人気のマンダラシリーズです。自律神経を整える効果を優先したい人にぴったり。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?私自身、うつ病になってからというものできないことが多いものの、どうやって時間を過ごせばいいのか悩んでいました。そんな時に出会ったのが塗り絵で、現在も「何かやりたい気分だな」という時には塗り絵をするのが習慣になっています。みなさんもぜひ試してみてください。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!