うつ病の改善にはお風呂が良い」という記事を先日見かけました。うつ病になる以前の私なら、「へ~そうなんだ」と思ったのでしょうが、実際にうつ病を経験して思うのは「うつ病ってそう簡単にお風呂入れないよね…」ということです。

とにかくお風呂に入れない

お風呂に入れないのが自分でも不思議なくらい

うつ病の症状が酷いときは、とにかく普通に生活することすらできなくなります。掃除や洗濯といった家事はもちろん、歯磨きや着替え、お風呂に入るといった身の回りのことができなくなるので体がさっぱりとせず、なんだか気持ち悪いのが日常です。

 

うつ病でお風呂に入れない」と言っても、うつ病になったことが無い人は「お風呂くらいすぐじゃない?入ったほうが気分もすっきりするんじゃない?」と思ってしまうかもしれませんが、うつ病になった本人でも何故お風呂に入れないのか不思議でならないし、お風呂に入って体をキレイにしたいという気持ちもあるんです。それでもできない。

私も、うつ病の症状が酷いときは1週間お風呂に入れないということもざらでした。自分でもなんだか頭皮の臭いは気になるし、体もすっきりしなくて気持ち悪さは感じていましたが、どうやっても無理なんですよね。

「疲れていてだるい」といった明確な感じではなく、疲れるようなこともしていないのに、お風呂に入る気力がわかない…うつ病になる前は、疲れたときこそお風呂に入りたかったのに全然お風呂の良さが分からない…という状態でした。

病気のときはお風呂に入れないときもある

骨折などのようにそもそも体を動かせないという場合は、お風呂に入れないというのも見た目から分かりやすいですよね。たとえ、どれだけお風呂に入りたいという意欲があったとしても無理な話です。

逆に、うつ病の場合は体にも不調は出ますが、肉体的な損傷があるわけではないのでお風呂に入ろうと思えば入れる状態です。でも、お風呂に入るためのエネルギーが欠如しているので体を動かせない。

うつ病でお風呂に入れない理由

車に例えれば、どんなにガソリンが入っていても大きな故障があれば車は動かないし、大きな故障がないとしても、ガソリンが無ければ動けない。うつ病とは後者の状態と言えます。

 

うつ病の人にはお風呂が良いというけれど…

たまに「お風呂に入ると自律神経が整えられて睡眠の質が良くなるから、うつ病の人こそ入浴したほうがいい」といった情報を目にすることがあります。

そういうのを見ていると、「この記事を書いている人はうつ病の人がどんな状況にあるかちゃんと分かっているのかな?」と思わざるをえません。「うつ病だと思ったら入浴はしっかりしましょう!」なんて、そもそも自分がうつ病かもと思う段階というのはかなり症状が悪化しているはずなので、日常生活もままならない人が多いのではないでしょうか。

お風呂に入ることすらできない重度のうつ状態にある人が見たら、「お風呂に入ったほうがいいらしいけど、自分は入れない…なんて自分はダメなんだ」と思いかねません。

実際、私もそうやって自分を責めてしまう時期がありました。

たしかに、入れるならなるべく入ったほうがいいです。でも、どう頑張っても入れないときは無理をする必要はありません。

 

お風呂に入れないときはどうしたらいい?

そもそも毎日入らなくても生きていける

病気かどうかに関わらず、お風呂は2日に1度と言う人もいます。とくに冬場なんかは、療養中で自宅から出ないというのであれば、2日に1度でも十分なくらい。

私は1週間くらいお風呂に入らない時期もありましたが、こうやって生きています。そして、うつ病と診断されてから3年経った今、うつ病の症状はほとんどなくお風呂にも毎日入れるほど回復しました。むしろ1日に2回入ることもあるほどです。

今、「お風呂に入れない…」と悩んでいる人は、まず「毎日入らなければいけない」という考えを捨ててください。お風呂は毎日入るものと考えていると、「昨日も入らなかった…」「今日も入らなかった…」と自分を責めてしまいます。

1週間くらいは入らなくても何とかなるくらいに構えておきましょう。自律神経を整えるために良いと言われていますが、頑張って毎日お風呂に入ったからうつ病が治るわけではありませんし、そもそも入らなくても私はうつ病の症状が改善しています。

全身シャンプーで入るときの手間を減らす

うつ病の症状が酷いときは、シャンプーへのこだわりなんかも皆無でした。以前は新しいシャンプーを試すのが楽しみでしたが、うつ病になってからはそんな感覚もどこへいったのやら。

お風呂に入れない原因は、服を脱ぎ、髪を洗い、流し、体を洗い、流し、タオルで体を拭き、着替え、髪を乾かすというステップの多さにもあります。当の本人は、そこまで自覚はしていませんが、やはり単に着替えるだけや、歯磨きをするだけに比べて、お風呂のハードルは高めです。

だからこそ、お風呂に入れないと悩んでいる人には頭から体まで1本で済む全身シャンプーがおすすめ。髪を洗って、次はリンスを付けて…などと考える余地をなくし、全身シャンプーで頭から体まで一気に洗って流すだけ

それだけでお風呂に入るというハードルは少し低くなります。

長期間入れないときはドライシャンプーですっきり

夏場ともなると、お風呂に入らない期間が延びるほど頭皮の臭いが気になってしまいます。基本は家で過ごすとしても、ちょっとした買い物や通院時は「もしかしてちょっと臭うかな?」と周囲が気になって仕方ありません。

そんなときは、外出前に水のいらないシャンプーで頭皮のベタつきや臭いをリセットするのがおすすめです。外出しないときでも、頭皮がすっきりすることで気分も変わるので私はよく使っていました。

こちらはオーガニックなタイプで、柑橘系の香りでリラックス効果も。頭皮だけでなく全身に使えて、敏感肌でも安心な界面活性剤不使用。つかわれているハーブには抗菌作用や抗炎症作用、肌荒れ防止効果があります。

 

体のベタつきが気になるときは手軽なシートタイプで拭き取るのもおすすめ。ビオレなどのデオドラントシートでもいいですが、体全体をふき取るなら大判タイプがおすすめです。うつ病に限らず、熱が高くてお風呂に入れないときにも使えます。

 

「入ろう」と思えたら湯船につかろう

うつ病の治療をしているうちに少しずつ「今日は洗濯くらいできそう」とか「少し散歩に行ってみようかな」と意欲がわく日がでてきます。もちろん「なんだか今日はお風呂に入れそう」という日も。

そんな日こそシャワーで済まさず浴槽にお湯をためて湯船に入りましょう。入りたくないときは無理せず、入る気分のときはしっかり入る。これが大事です。

多少コストはかかりますが、湯船にそのまま入るより入浴剤を使ったほうが肌への刺激も和らいで気持ちよさがアップするのでおすすめ。私は定番のバブを愛用していて、いくつかの香りがまとめて入っているものをまとめ買いしています。やはり、香りのリラックス効果がありますし、選ぶ楽しさもありますよね。

 

お風呂に入ろうと自分で思えたら回復の兆し

お風呂に入れない時期は「もしかして一生このままなのかな」なんて絶望感すら感じていましたが、いつの間にか毎日お風呂に入れるようになっていました。

最近はそれが当たり前すぎてうつ病の症状が酷い時期に「お風呂に入れない」と悩んでいたことさえ忘れていたほどです。あの頃は義務のようにお風呂に入っていてましたが、今はお風呂で手を伸ばして「あ~気持ちいい~」と心から思えます。

入浴のリラックス効果は確かにありますが、お風呂に入れない時期は無理に入ったとしても心からリラックスはできていなかったのだと、お風呂に入れるようになってから気づきました

しかしこういった変化は急に起きるものではありません。「今日はお風呂に入れそうだな」という日が1週間に1度になり、4日に1度になり、3日に1度になり、気づいたら毎日入るようになっていたという感じです。

今でもそのときの名残か、お風呂に入る気分になれない日もあります。でも、そんなことあまり気にしなくなりました。「そんな日があってもいっか」と思って過ごしています。

 

辛い時期の真っ只中では回復の兆しは気づきにくいものです。でも、こうやって振り返ってみると「そういえばあの頃はお風呂が辛くて仕方なかったな…」と大きな変化が起きていることに気づきます

 

みなさんも「お風呂に入ろうかな」と思えたなら、「もう〇日も入ってないや…」と自己嫌悪におちいらず、回復の兆しだと考えみましょう。

 

おすすめしたアイテムはこちら

商品名:MINON(ミノン) 全身シャンプー しっとりタイプ

赤ちゃんにも使えるお肌に優しい全身シャンプー。頭から体までこれ1本で事足ります。

商品名:フレッシィ ドライシャンプー スプレータイプ

スプレータイプで使いやすく、ドライシャンプーの定番。すーっとした爽快感があります。

商品名:オーガニックドライシャンプー AN【 トラベルサイズ】

オーガニックタイプで柑橘系の良い香りがするドライシャンプー。ノズルが付いていて直接頭皮に塗布することができます。

商品名:アクティ からだふきタオル (超大判・超厚手)

からだ全体を拭きたいというときにぴったりの大判サイズ。デオドラントシートでは物足りないという人むけ。

商品名:バブ 6つの香りお楽しみBOX うるおいプラス

入浴剤の定番バブ。複数の香りが入ったタイプは選ぶ楽しみも。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!