うつ病になった子育て中ママということでこのブログを書いていますが、最近夫がかなり病んでいるのが気になります。たぶん私よりもウツウツしてます。

うつ病妻の看病もこなした夫がメンタルの危機

最近うちの夫がよく口にする言葉があります。

仕事行くの嫌だな。お腹痛い。

うつ病経験者の私としては、かなりメンタルやられているなというのがよく分かります。実際、うつ病チェックをやってみたところ「うつ病一歩手前、ゆっくり休んでストレスケアを」という結果に。

 

夫は私がうつ病の一番ひどい時期には、仕事、家事、育児を一人でこなしていましたが、その時期ですら病むことなく過ごしていたので、

うつママ

夫、メンタルつよっ…

と思っていたんですよね。そんな彼が最近病み気味な原因は職場の部下。

 

部下が原因でうつ病になる人もいる

以前は夫も誰かの下で働く存在でしたが、今度は自分が部下を持つ中間管理職になりました。その立場になってから半年ほどたちますが、その時期からよく「部下が全く仕事をしてくれない」と家でぼやくように。

 

私の周りで精神を病んだ人の多くが、上司からのパワハラ、仕事量が多すぎる、仕事が覚えられずに自信を無くした、仕事で失敗した、というのが大きな要因なのですが、部下が仕事をしなくて病んでしまうということもあるんだな…と夫を見ていて思いました。

 

その部下が1人ならいいのですが、仕事をしないのは2人らしくて、頭数としては2人いるためその分の仕事はチームにしっかりと割り振られます。でも全く終わらない。

「仕事をしなくて期限通りに終わらなければ、それはその人の責任だろう!」と簡単にいかないのが中間管理職のつらいところです。チーム全体の仕事量を調整して、納期通りに納める責任があるので、部下が仕事をしない分を夫がカバーする必要がでてきます。

 

その結果、

  • 自分が担当している案件の納期がギリギリになり焦る
  • 業務量が増えて残業が増える
  • 最終チェックがしっかりできず自分の担当案件でミスをして落ち込む

などなど、他にもいろいろと板挟みになっている部分もあり、かなりのストレスがのしかかっています。

 

夫は夫なりに仕事をしてもらうための工夫はしているのですが暖簾に腕押し状態らしく、どうにもならないこの問題にかなり参っています。

仕事の量はもちろんなんだけど、何度説明しても同じことを聞かれるのがつらい…マニュアルを作っても、マニュアルの場所を何回も聞かれるし、そのたびに自分の仕事が中断されるんだよね。

うつママ

私も後輩を育成していたときに同じような思いをしたことがあるよ。自分の仕事に集中したいんだけど、30分おきくらいに質問されると、思考が中断されてストレスを感じるよね。

 

これが全くの新人さんなら夫ももう少し希望を持てたのでしょうが、2人とも自分と年齢が変わらない(1人は夫よりも年上)なので、その辺もどう対応していいか分からないというのが大きいのでしょう。

 

最近では夫の愚痴を聞くのが日課になっていますが、話を聞いていると「え?それって昨日も同じこと聞かれてたよね?」ということが多くて、話を聞いているだけでもその大変さがうかがえます。むしろ毎日愚痴を聞いている私が、その仕事の手順を覚えてしまっているくらい。

 

診断されていないだけで夫の部下もウツ傾向な気がする

さて、毎日夫の話を聞いていて思うのが、夫のメンタルがやられているということ以外に、その部下のうち1人はウツ傾向なのではないか?ということです。

うつといっても従来型うつではなく現代型うつ(自己愛・依存型)のほうですね。

この2つの違いについては以下👇が分かりやすいです。

仕事への勤勉さが原因に。“ビジネスマンのうつ”を招く、心が折れやすい3つの性格

 

たとえば、

  • 自分は病んでる系の話をよく口にする
  • 週末には遊べるが仕事になると意欲がわかない
  • 夫の残業は気にせず、自分の仕事が終わってなくても定時で帰る(休む)

などなど。

仕事の能率が極端に悪いことや、自分の仕事が終わっていなくても休んだり、定時で帰ったりということを考えると、現代型うつの可能性は捨てきれません。

そうなると、単に仕事の仕方を変えるのではなくその部下との付き合い方から考えていかないと、たぶん夫のメンタルは本当にやられてしまいます。

 

他にもあるある中間管理職のうつ病

私がうつ病になったとき、上司がいろいろと気遣ってくれてかなり頼りきりだったのですが、今思えば私もその上司にかなりのストレスをかけていたんだろうな…と思います。

私は中間管理職の立場ではなかったので、部下側の視点でしか見ていなかったのですが中間管理職など上司がうつ病になるというケースは多いんですね。

  1. 昇進のプレッシャーに耐えられず病む
  2. 部下からバカにされて病む
  3. 上と下の板挟みがつらくて病む
  4. 部下のうつ病を気にしすぎて自分も病む
  5. 部下の問題で自分の負荷があがり病む

などなど、ストレスのかかる要因がたくさん。パワハラというと上司が行うものと思っている人が多いですが、部下が上司をバカにしたり罵ったりというのもパワハラに当たります。2番目の内容ですね。

 

新入社員に向けて「会社で精神病む前に別の道も探そう」というのをよく見かけますが、中間管理職の人も新入社員が入ってくるこの時期は、ストレスとうまく付き合っていく必要があると言えます。

 

仕事自体は好きな夫。どうやってこのストレスを乗り切る?

さて、辛そうな夫に「会社がつらいなら辞めてしまえばいいよ」と言いたいところなのですが、夫は今の仕事が好きなので辞める気はゼロというのがつらいところ。

 

何が問題かと言ったら、「自分が好きな仕事に没頭することができない」ということなんですよね。自分の仕事を納期どおりにやり切って達成感を感じたり、満足のいくものをお客さんに提供して喜んでもらったりというのが夫のやりがいなのです。

だから、今まで積み上げてきたものを捨てるのも、今の会社でのお客さんと築いた関係性も大事。

 

かといって、ストレスの原因になっている部下(相手)を変えるというのは無理なことですよね。ここは、これからどうやったら上手くそのストレスと付き合っていけるのか?体制や負荷の問題は見直すことはできないのか?を考えていくのが大事かなと夫婦で話しています。

 

昇格は夫にとって嬉しいイベントで、さらに「認められた」という思いも大きかったため、出鼻でくじかれた感が余計落ち込む原因なのかもしれません。でも、夫はまだ中間管理職になりたてです。チームをまとめていくためのスキルにもまだ伸びしろがある状態。

 

まずは、今こころが折れてしまわないように夫婦でストレスケアをしっかり考えていきたいと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!