最近は毒親という言葉もかなり浸透してきましたが、どこからが『毒親』なんだろう?って思うことがあります。自分では毒親にはなりたくないと思っていても、いつのまにか子どもに良い子でいることを押し付けているような気がしてなりません。

毒親ってどんな親?

毒親という言葉をよく聞きますが、どんな親のことを毒親と呼ぶかというとコトバンクには以下のように書かれています。

子どもを自分の支配下に置き、その人生に有害な影響を与える親を指す俗語。米国の精神医学者スーザン・フォワードによる書籍『毒になる親』から派生した造語で、同書の邦訳版が1999年に出版されて以降、広く知られるようになった。子どもへの暴力的・性的な虐待や育児放棄だけでなく、精神的な虐待や過度な干渉も毒親の特徴とされる。毒親による歪んだ親子関係は子どもに深刻な心的外傷を与え、その影響で成人後も対人関係に問題を抱えたり、依存症に陥ったりして苦しむケースも少なくない。

引用元:毒親(どくおや)とは―コトバンク

ネグレクトや児童虐待というと自分には関係がないことのように感じてしまいますが、毒親はそういったもの以外にも度な干渉や子どもへの支配などといった部分があるので、自分も当てはまるのか判断するのは難しいですよね。

 

実は、私も毒親なんて自分には関係のないものだと思っていました。

でも最近、自分の過去を見つめなおすことがあって、よくよく思い返してみると父親の顔色をいつも伺っていたなということに気づいたんです。

 

父親の顔色を伺うというのは、過去の話にとどまらず今も父に会うときは少し緊張しますし、父が言っていることに対して反論をするようなこともありません。

過去のことを思い出すうちに、「なんだか、父親といるときはいつもしんどかったな…」という心のモヤモヤが広がります。

 

毒親育ちの特徴

毒親に育てられた人の特徴は上げたらきりがありませんが、私に当てはまる部分として

  • 父の言うことへの反論は認められなかった
  • 父が近くにいると安心感より緊張感を感じた(部屋からいなくなるとホッとする)
  • テストのときは100点しか認められずそれ以外は90点台でも褒めてもらえなかった
  • いつも父の顔色を窺っていた
  • 完璧主義でいつも追い立てられている感じがする
  • 誰もいなくても観察されているような気がする
  • 自分が批判されることを異常に気にする
  • 優柔不断で自分の気持ちより他人にどう見えるかを気にしすぎてしまう
  • 自信が持てない・自己肯定感が低い

というのがあります。

今までは私の性格の問題かなと思っていたのですが、私が父に感じる緊張感顔色を伺ってしまうというのは幼いころの影響のような気がします。

 

かといって、私は父親が嫌いなわけではなく普通に話もします。ただそれは、長い間離れて暮らしているからであって、もしずっと一緒に暮らしていたらまた違った人生だったのかもしれません。

父と離れたことで私は他の人の考え方を知り、たくさんの経験をしました。だから、今の自分なら父親の価値観を押し付けられても「この人はそういう考えなんだな。」と受け流すことができるのだと思います。

 

子どもの自己肯定感を下げる親の言葉

子どもへの悪影響というと、物理的に食事を与えなかったり、世話をしなかったり、暴力をふるったりということが一番に思いつきますが、ちょっとした言葉が子どもの心を傷つけ、自己肯定感を低くします。

 

私が実際に心の中でしこりが残っているのが、

  • 自分の身体的特徴をバカにされた
  • いくらテストで良い点をとっても100点でないとバカにされた
  • 「おまえはこういうやつだ」、「おまえはここがダメだ」と事あるごとに否定された
  • 一生懸命勉強して受かった大学をまぐれだと言われた
  • 他人の行動を否定して遠回りに私への批判をする

です。

 

この中でもすごく巧妙だと思うのが最後の「他人の行動を否定して遠回りに私への批判をする」ということ。

「あの人のこういうところはダメだ。ああいう人は嫌われるし信頼されない。だからお前も気を付けるんだぞ」という言い方をよくされました。これって、今も呪いのように自分の中に残っています。

 

これらは私が大人になってからも

  • 人に迷惑をかけてはいけない
  • 仕事は休んではいけない
  • 途中でリタイアするのはよくない

という鎖となって私をがんじがらめにしていました(今はもうこの呪縛から抜けつつありますが)。

これって無意識のうちに父親が言っていた言葉そのもので、対象は私ではなかったものの、だれかを批判して「こういう人になっちゃダメだ」と言われ続けたのが影響しているような気がします。

 

気づいたら父と同じ言葉を口にしている自分に気づく

うつママ

こんな言葉自分の子どもにはかけたくないし、自分と同じような思いはさせたくない。

そんな風に思っているのですが、ふと気が付くと父が言っていた言葉と似たようなことを口にしている自分に唖然とすることがあります。

  1. あなたの○○なところは良くないと思うよ。
  2. ○○はやっちゃダメだよ。
  3. それじゃなくこっちにしておきなさい。

などなど。言った後に、「あ、これ良くない言い方だったかも」と反省はするのですが、自分に余裕がないとこういった言葉が無意識に出てきます。

①は子どもを否定する言葉ですし、②、③は子どもの「やりたい」という気持ちを阻害してしまいます。

 

自分では気を付けていても、親に言われた言葉は自分に沁みついているんですよね。虐待された子どもは虐待する親になる可能性が高いという話を聞いたことがあります。

 

子どもにとっては自分が育った環境が『普通』なので、他の家での子育てが分かりません。どれだけ自分が嫌な思いをしたとしても、それ以外の選択肢を思いつくのが難しくなります。「親が子どもにどう接するか」というのは自分の親が見本なわけです。

 

孤食が普通の家庭で育ったら、家族そろって食べるのではなく、個々が食べたいときに食べるのが普通ですし、裕福な家庭で育った人にとっては、洗濯物はお母さんがやるのではなくクリーニング店に出すのが普通かもしれません。そもそも『普通』ってものは自分の中にしか存在しない概念なんですよね。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、自分が虐待されて育った人や毒親に育てられた人は自分が親になったときに、良いお手本』を自分で見つけ、模索する必要があるということです。

 

うつ病などの精神疾患を抱える親は毒親になりやすい?

自分が毒親にならないためにはどうしたらいいんだろう?ということを調べていたら、次のような記事を見つけました。

本書の解説で、精神科医の熊代亨氏は「毒親」になってしまう人に見られる傾向について、次の4つを挙げています。

  1. 生活や子育てに対して不安の強い母親
  2. 心身の病気を患って余裕のない母親
  3. 母親自身が心理的充足に飢えている
  4. 家庭にしっかりした父親の存在感がない

引用元:子どもを苦しめる「毒親」になってしまう過程に見られる4つの特徴 | ITmedia

これってまさに私のことです。うつ病を患っている私は毒親になる可能性が高いってことですね。ちょっとショックでした。

これを見て嫌な気分になる人もいるかもしれませんが、やはり余裕がなければイライラはしやすくなりますし、十分に子どものことを考えることができないのは当然だと思います。

 

この4つに共通して言えるのは、『親の余裕が必要』ということ。子どものことを考えるのはもちろんですが、まずは自分自身が人生を楽しむ余裕を持つことが大事だと言えます。

今まで自分のやりたいことを抑圧されてきた人はそもそも『自分のやりたいこと』がよく分からない状態ではないでしょうか?まずは、自分自身と向き合って、何をしたら幸せなのか?自分はなにをしたら心地いいのか?を考えてみましょう。

 

良い子じゃなくていい!子どものうちに失敗をさせよう

私がうつ病になってみて思うのは、大人になってからの失敗はとてもしんどいってことです。私自身は、うつ病になってはじめて自分と向き合う時間を持てたので、これは必要な経験だったのだと思いますが、もっと早く自分らしく生きることを始められていたらなと思うときもあります。

 

子どものうちはちょっとの失敗をしても許してもらえる時期。そんな時期にこそ、たくさんのことに挑戦して、失敗をして、たくさんのことを学んでほしいですよね。

 

だから、親は子どもが失敗しそうなことを先回りしてやめさせたり、子どもの行動をバカにしたり、ダメ出しをしたりってことはしないようにするのが大事。自分が「いい子でいなきゃ」と思って子ども時代を過ごしたからって、子どもにまでそれを求める必要はありません。

良い子でいる必要なんてないんです。多少の迷惑をかけても、失敗したらやり直せばいい。これは子どもはもちろん、大人にも言えることです。今、気づけたのなら今からやり直せばいい。今このときが変わるチャンスです。

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!