今日のニュースで、年末に向けて本格的に配偶者控除の見直しをするということが発表されました。その理由は「少子高齢化が予想以上に進展している。日本経済のため、女性の社会進出を増やすことが喫緊の課題だ。」というもの。私はこの理由にいささか疑問を感じます。103万円の壁がなくなったからといって、女性の社会進出は進むのか?そんなことで解決できる問題ではないと、働いた経験のある女性なら思うでしょう。そして、その見直しの内容によっては更なる少子化にすらつながるのではないかと私は思うのです。

育児はお金がかかる。働いてもお金がかかる

子どもを育てるうえで、お金がかかるのは誰もが承知していることと思います。しかし、女性が働くということは、子どもの預け先が必要です。待機児童問題が叫ばれますが、保育園に入れたとしても、今度は予想以上にかかる保育園費用というものが待っています。運良く認可保育園に入ることができれば、そこまでではありませんが、認可外保育園の場合、フルタイムで働こうとすると、お給料の1/3~1/2が保育園代に消えていくなんてこともあります。

それでもフルタイムで働くことの意味は、キャリアを築くということ。子どもが大きくなった時のことを考えてお金をかけてでも今働いておこうと女性は思うのです。そして、少しでも家計のたしになればと。

働くことと育児のはざまで

働いても保育園代に消えていくお給料。そして、減っていく子どもとの時間。そして、子どものイベントや病気で仕事を休むことで職場にかける迷惑との葛藤。働く女性はいつも子育てと仕事のはざまで悩みをかかえています。

「私はなんで働いているんだろう?」

そんな疑問を幾度となく自分に問いかけます。子供のため?社会のため?自分のため?

働くことで得られる充実感はあります。それでも、やはり子どもを持つ母親として、一緒にいられない時間が寂しくもあり、申し訳なくもあります。

労働力は何のために必要?

政府は少子高齢化による労働力不足を解消するべく、女性の労働力を確保したいのでしょうが、女性が働くためには新たな別の労働力が必要となります。これまで以上に働く女性が増えるのであれば、子どもの預け先はさらに必要になるでしょう。子どもが病気になったときに頼る、病児保育やベビーシッターの存在も必要です。

自分の子どもを人に預け、別の子どもの面倒をみる女性が増える。

そのような図式が増えるのではないかと、私は思うのです。みんなが快適に生きるための労働力であるはずのところが、労働力のための労働力になっていないでしょうか。

この世界では経済の成長こそが発展であり、経済が悪化すると生活も苦しくなる。それを守るために働かなければならない。でも、本来はお互いが支えあい、足りないものを補うのがコミュニティーの意義だと私は思います。今の時代は生きることの意義が失われつつあるように感じるのは私だけでしょうか。

専業主婦を望む若い女性たち

働きたい女性が働くことを選べる良い時代だと思います。しかし、その中にも専業主婦になりたいという女性が増えつつあります。その理由は定かではありませんが、働く母親世代を見て育った娘たちが、家庭を守ることの重要性や、働く女性の大変さに気づいているのかもしれません。

103万円の壁が消えたところで、女性が働きやすい社会にならない限り、専業主婦を望む女性は増えるのではないでしょうか。また、103万円の壁を守っている世帯が、その壁がなくなったからといって働く量を増やすかといったら、そんなに単純なものではありません。その中には、最低限の収入で子どもとの時間や家庭を優先させたいという層がいるはずなのです。

SNSなどインターネットが普及することで、そちらに向かう労働力は増えているのに対し、人そのものを支える保育や介護、医療、教育に向かう人は増えているのでしょうか?人よりも情報や経済の比重が高くなってはいないかと不安に思います。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!