うつ病を治すためには、ゆっくりと休息をとることが必要とされています。重度のうつ症状の場合、外出もままならないですが、ある程度症状が回復してくると外出できるかな?という体調の日もでてきます。しかしずっと家の中で過ごしていると外に出るということが億劫に感じてしまいます。それでも医師には少し外にも出ましょうと言われているし…という人におすすめなのが、外に用事を作るということです。今回は私が外出できない状態を克服したきっかけをご紹介します。

通院はできるのにそれ以外は引きこもり

病院にはしっかりいけているのに、それ以外のときは外にでられない。そんな状態が随分と長いこと続いていました。自分でも病院には出かけられるのだから、他のところにも行こうと思えば行けるのではないかと思うのですが、頭で考えるのと行動に移すのでは大違い。買い物などは主人に頼み、家に食べるものがなくても外出するくらいなら何も食べなくてもいいという有様でした。

それでも、通院で外に出ると風が気持ち良かったり、花の匂いがしたりと気分が良いことは知っていたので、なんとか外出できるようになりたかったのです。

そこで思い至ったのが、外に用事を作るということ。予約をしてしまえば、いくらなんでも出かけられるのではないかと考えました。

 

予約する場所はハードルが高いという事実

しかし、予約していく場所というのはうつ病にとってはハードルが高い場所が多くて断念。

美容院に行けば、こちらが話すつもりなしでも美容師さんは話しかけてきますし、エステやマッサージも結局は人と話す必要が出てきます。誰かと接触しなければいけないということを考えると、途端に行く気が失せてしまい、結局当日キャンセルすることに…私ってこんなに人嫌いだったっけ?と不思議でしょうがありません。うつ病って怖いですね。

 

私は覆面調査で克服

それ以来なかなか外に出るきっかけがつかめなくてずっと家にこもりっきりでした。自分の体調が回復しているのは分かっているのですが、外に出れないジレンマを抱えていたのです。そんな時にちょっとした気持ちで始めたアンケートサイトから派生して、覆面調査にも興味をもったのが克服のきっかけでした。

自宅近くの某ファストフード店の覆面調査に応募したところ当選したのです。好きなお店だったことと、高額還元の案件だったので意を決して覆面調査に出かけてみることに。そう決めると、それまで出かけられなかったのがウソのように出かける準備ができるではないですか…一度出かけられれば何となく自信もつき、その日をきっかけに体調が良ければ外に出られるようになりました。

 

誰もが同じ方法で克服できるわけではありませんが、自分の好きなもの利益になるものというファクターが絡むと外出のハードルが下がるようです。また、注文するだけなので人とコミュニケーションをとる必要がないというのが最大の利点だったのかもしれません。

ちなみに私が利用した覆面調査はファンくるというサイトです↓

 

今ではヨガに通ったり、美容院にも出かけられるようになりました。相変わらず服薬はしてますし、調子の悪い日は布団にもぐっていますが、うつ病だと分かった当初に比べたら劇的な進歩です。みなさんも少しずつ自分の体の状態と相談しながら、自分に合った方法で外出を試してみてください。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!