春になると少しずつ衣替えや布団をタオルケットに変えるなど、新しい季節に向けての準備が必要です。以前は自宅で布団を洗っていましたが、うつ病の症状に悩まされそれが難しい状況に…今回は、布団のクリーニングというものを初めて使ってみたので、クリーニングに出すまでの流れをご紹介します。

うつ病の布団洗濯事情

うつ病になる前は、客用の布団ふくめ4枚の布団を自宅で洗濯していました。共働きのため、土日を使って洗濯するので全部洗い終わるのには1か月はかかっていました(1週間に1枚ずつやっていたので)。湯船にお湯をはって洗剤を入れたら、布団をしばらく付け置きして踏み洗い。その後すすぎをして、水気を切り、ベランダに干す…という作業なのですが、これが結構な重労働です。

水を吸った布団はとても重いので、持ち上げるのにかなりの力がいります。そんな重労働をうつ病の症状に悩まされている私ができるわけもなく、かといってこのまま洗わずにいるのも精神衛生上良くなさそうだったので、ちょっとお値段はかかりますが布団クリーニングサービスを利用してみることにしました。

ベルメゾンのポイントがたまっていたのでベルメゾンの布団クリーニングを使ってみたよ。

 

ベルメゾンの布団クリーニングの料金や特徴

ベルメゾンというと家具の販売や婦人服の販売のイメージが強いのですが、布団クリーニングのサービスも提供しています。

その特徴は以下の通り。

  • 通常便と長期保管サービスがある
  • 圧縮パックつき
  • お急ぎ便なら(工場到着後)最短2日で戻ってくる
  • オプションで防ダニ加工を付けられる
  • こたつ布団やベビー布団用のコースあり

長期保管サービスがあるので、自宅にしまう場所がないという人も次のシーズンまで預かってもらえるのでとても便利(長期保管は最大9か月)。通常便も長期保管もクリーニング後は圧縮されて戻ってくるので、自宅での保管にも困りません。

また、子どものおねしょなどで布団が汚れてしまった…来週急な来客があるから布団をクリーニングをしたい…という緊急度が高い場合はお急ぎ便にすれば工場到着から最短で2日で返送されるのも嬉しい。

コースをまとめると、

  • 通常便コース(Mコース/Lコース)
  • お急ぎ便コース(Mコース/Lコース)
  • 長期保管コース(Mコース/Lコース)

さらにオプションで

  • 防ダニ加工

が選べます。

 

通常便と長期保管コースはM(2枚まで)、L(3枚まで)があるのでクリーニングに出す枚数に合わせて選びましょう。ちなみに、毛布や枕は0.5でカウントされます

 うつママ

Mコースの場合、掛布団1枚、毛布2枚という頼み方ができるよ。

 

通常便、長期保管、お急ぎ便はそれぞれ以下のような料金設定になっています。

M(2枚まで) L(3枚まで)
通常便料金 10,500円 13,900円
通常便料金(防ダニ) 12,800円 16,800円
お急ぎ便料金 11,800円 16,200円
お急ぎ便料金(防ダニ) 13,500円 18,500円
長期保管料金  10,800円  14,800円
長期保管料金(防ダニ)  12,800円  17,800円

※上記は税込み価格です。

こたつ布団やベビー布団をクリーニングしたい人はこちら👇

 

ベルメゾンの布団クリーニングをレビュー

1.ベルメゾンで注文する

まずはベルメゾンの布団クリーニング申し込みページで注文しましょう。

 

うつママ

我が家は私たちが使っている布団と毛布を長期保管にして、客用布団と毛布を通常便にしました。せっかく頼むので防ダニ加工もプラス。

 

2.クリーニングキットの到着

ベルメゾンの布団クリーニング

注文してから2~3日でクリーニングキットが到着しました。もう少し大きいのが来るかと思ったら、かなりコンパクトで郵便物みたいなサイズです。中には、布団を入れるための袋と、申し込みの用紙送り状などが入っています。

3.クリーニングに出す準備

クリーニングキットが届いたらクリーニングに出す布団や、毛布の準備をしていきましょう。

布団クリーニングの方法

このように、クリーニングキットの内容や、クリーニングに出すときの手順・注意点の説明書が入っているので、この説明に沿って作業すればOK。大事なことなのでピンクで印をつけましたが、キットが届いてから90日以内にクリーニングを依頼しましょう。

  • キットに入っている布団袋を広げてそれぞれのコースの枚数(Mなら2枚まで、Lなら3枚まで)を入れましょう。

  • 布団クリーニングの申し込み表

    申込書に指名、住所、中身の詳細(毛布や布団、枕がいくつ入っているか)を記載します。

  • 布団クリーニングの方法

    申込書は布団袋の中に透明のポケットがあるので、折りたたんでそこにいれておきましょう。

  • 布団クリーニングの方法

    申し込み書を入れたら、布団袋のチャックを閉めて、きっとに入っているロックピンでとめます。

  • 布団クリーニングの集荷伝票

    最後に送り状のご依頼主のところに自分の住所、氏名、電話番号を記載します。

  • 布団クリーニングの方法

    送り状は布団袋の外側に透明ポケットがあるのでそこに入れます。

  • ベルメゾンの布団クリーニング

    これで準備は完了です。ちなみに、長期保管は青、通常便はオレンジ色になっています。

 

4.集荷の依頼・集荷

布団クリーニングの集荷

届いたキットの中に集荷してくれる佐川急便の連絡先が入っているので、そこに電話して集荷してもらいます。午前中に電話して、昼過ぎには来てくれました。思ったより早くてびっくりです。

 

5.クリーニング受領の連絡

布団を集荷してもらったらあとはクリーニングした布団がが戻ってくるのを待つだけ…と思っていたら、ちゃんと受領しましたというはがきが届きました。ちゃんと届いたことが確認できるのが嬉しいですね。

うつママ

通常便やお急ぎ便はすぐに戻ってくるからいいけど、長期保管の場合は本当に受領されているか心配になるのでハガキでのお知らせがあると安心。

 

6.通常便は1週間~2週間

長期保管は次の秋に戻ってくるのでまだ先ですが、通常便はすでに戻ってきました。早い!気長に待つつもりでしたが1週間弱で戻ってきました。ホームページの説明通り、しっかり圧縮されていて場所も取らないのでそのままクローゼットに収納しました。

 

他社も使ってみたけどベルメゾンのほうがよかった

実はこの翌年ベルメゾンとは別の布団クリーニングを使ってみました。布団クリーニングはとても便利なのですが、もう少し安く済まないものかな?と思い、3枚で1,2000円(防ダニ加工付き)という某布団クリーニング会社を選択。

ベルメゾンだと16,800円するので、4,800円もお得なのですが、最初に集荷日を指定しなければいけなかったり、その方法も分かりにくくてかなり戸惑いました(子どものお迎えに行ってる間に集荷が来てしまって不在扱いになったのも面倒だった)。さらには布団袋はゴミ袋みたいな袋で入れるのも大変だし、圧縮されずに戻ってくるので場所を取ります。

圧縮されてくるかどうかは私のなかで結構大事な要素なんだなと実感しました。

ちょっと高いけど、次はまたベルメゾンに頼もう( ;∀;)

 

お金を払って時間や体力を確保するのも大事

うつ病ということに限らず、共働きだと布団の手入れをする時間をつくるのは大変です。土日は子どもとの時間を大切にしたいですし…お金はかかりますが、今回はどちらもオプションの防ダニ加工をつけて長期保管15,120円、通常便11,340円でした。あとはクーポンとポイントもしっかり使ったのでもう少し安く済みました。

思った以上に楽ちんで、収納場所も取らないのでこの先も布団はクリーニングに出すと思います。以前は家でもできることにお金をかけるのは勿体ないと思っていましたが、むしろそれで時間ができて余裕が生まれたほうが家族みんなが笑顔で過ごせると分かったので、時間に追われていつもセカセカしているな…という人はぜひ使ってみてください。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!